1. トップ
  2. データ・資料
  3. イーオン、「小学校の英語教育に関する教員意識調査2021夏」結果を公開

2021年9月3日

イーオン、「小学校の英語教育に関する教員意識調査2021夏」結果を公開

イーオンは現役小学校教員を対象に「小学校の英語教育に関する教員意識調査2021夏」を実施し、2日その結果を公表した。

小学校5-6年生で英語を「教科」として教えている先生の授業運営の状況

同社が8月18日に開催した「小学校教員向け指導力・英語力向上オンラインセミナー」に申し込んだ教員132名を対象に、新学習指導要領2年目に入った小学校英語・外国語活動の状況や考えについて調査した。

小学5~6年生の英語を「教科」として教えた教員、ならびに、「外国語活動」を行う小学3~4年生を担当した教員に授業運営の感想を訊ねたところ、いずれも「不安の方が大きい」という回答が「うまくいっている」「おおむねうまくいっている」をやや上回る結果になった。

3~4年生担当、および5~6年生担当の教員が小学校英語で特に教えるのが難しいと感じているのは、ともに「スピーキング(やりとり)」であり、英語のみを教える専科教員の増員にはすべての教員の8割が好意的な意見だった。

新型コロナウイルスの影響を受け、「外国語活動」「英語」において「オンライン授業を行った」という回答は35%、また、対面授業とオンライン授業の違いについては「対面授業の方が進めやすい」という回答が26%となり、「オンライン授業の方が進めやすい」1%を大きく上回った。さらに、実際に「外国語活動」「英語」が始まって課題と感じる点を訊ねたところ、「児童の評価のしかた」が22%でトップとなった。

関連URL

イーオン

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス