1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. プログラミングスキル評価機能「paizaスキルチェック」の総受験回数が1500万回を突破

2021年9月9日

プログラミングスキル評価機能「paizaスキルチェック」の総受験回数が1500万回を突破

paiza は7日、同社が運営するITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」の独自のプログラミングスキル評価システム「paizaスキルチェック」の総受験回数が1500万回を突破したことを発表した。

paiza最大の特徴は、paiza独自のプログラミングスキル評価機能「paizaスキルチェック」。オンライン上で実際にコーディングテストを行い、 受験者のプログラミングスキルを6段階(S~Eのpaizaランクを付与)で客観的に可視化。問題はすべてオリジナルで膨大な受験データをもとに絶えず精査しており、高いスキル判定精度を実現。ユーザーはここで得た客観的なスキル評価を元に、自分にあった転職、就職、学習サービスを利用することができる。今回、この「paizaスキルチェック」の総受験回数が1500万回を突破した。

日本ではこれまで、ITエンジニアのプログラミングスキルを客観的に可視化できる場が少なく、ITエンジニア採用の難易度を上げるなど、ミスマッチの原因となってきた。企業は「paizaスキルチェック」を活用することで、自社が求める人材を的確に採用することができ、現在までに2000社以上の企業が活用しているという。なお、同スキルチェックの仕組みは2015年1月に特許に認定されている。

また、今回、1500万回突破を記念して、「paiza転職」の位置づけを分かりやすく伝える「正社員ITエンジニア向け採用サービス」のカオスマップを作成した。

関連URL

paiza

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス