1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもの英語教室、利用率は「ECCキッズ」、総合満足度は「セイハ英語学院」が1位=こどもりびんぐ調べ=

2021年9月13日

子どもの英語教室、利用率は「ECCキッズ」、総合満足度は「セイハ英語学院」が1位=こどもりびんぐ調べ=

こどもりびんぐは、同社の「シルミル研究所」のWebコンテンツ「こどもリサーチ」が、子どもがいる全国の20代以上の男女561人を対象に実施した、「子どもの英語教室に関する調査」の結果をまとめ、10日に発表した。

それによると、保護者が選ぶ「子どもの英語教室」ランキングをみると、利用率では、第1位「ECCキッズ」、第2位「ベネッセの英語教室 BE studio」、第3位「セイハ英語学院」と「ヤマハ英語学院」だった。

価格満足度は、第1位「ベネッセの英語教室 BE studio」、第2位「ECCキッズ」、第3位セイハ英語学院」。総合満足度は、第1位「セイハ英語学院」、第2位「ベネッセの英語教室 BE studio」、第3位「ECCキッズ」。期待度は、第1位「キッズデュオ」、第2位「KUMONの英語」、第3位「AEON KIDS」だった。

また、子どもの英語教室に、「現在通っている」と答えた人は17.6%、「以前通っていた人」は15.9%、「通っていないが興味がある」という人は33.2%だった。

同教室に通わせた理由については、多い順に、「将来に必要なスキルだと思うから」、「親が教えられないから」、「子どもが通いたいと言ったから」、「職業の幅が広がると思うから」、「何か習わせようと思ったから」。

情報源として重視したものは、「クチコミ」が34.6%で最も多く、入会時に最も重視したことは、「講師がネイティブ」「月額利用料」「子どもの反応」「教材・カリキュラム内容」「遊び要素や楽しめる工夫がある」という項目が多かった。

同教室についての考えは様々で、「大好きな講師に出会えたことで毎週の教室をとても楽しみにしていた。講師の人柄が大切だと実感した」(40代・千葉県)などの肯定派がいる一方で、「まずは日本語をしっかり習得し、小学生になって必要になったら習えば良いと思う」(30代・東京都)という意見も。

この調査は、「あんふぁんWeb」「ぎゅってWeb」会員、こどもりびんぐアンケート会員を対象に、8月6日〜26日にかけて、Webでアンケートで実施。有効回答数は561人(男性16.6%、女性83.4%)。年齢層は、20代以下3.6%、30代34.2%、40代32.1%、50代以上30.1%。

また、 調査対象の教室は、アミティー/アルクKiddyCAT英語教室/AEON KIDS/ECCキッズ/キッズデュオ/Gabaこどもマンツーマン英会話/KUMONの英語/シェーン英会話/セイハ英語学院/NOVAバイリンガルKIDS/ヒューマンアカデミー ジュニア ランゲージスクール 英語教室/メガブルーバード英会話/ベネッセの英語教室 BE studio/ベルリッツ・キッズ/ペッピーキッズクラブ/ミキハウス英会話くらぶ/ヤマハ英語教室(五十音順)。

関連URL

調査結果の詳細(あんふぁんWeb「こどもリサーチ」#23英語教室)

こどもりびんぐ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス