1. トップ
  2. データ・資料
  3. 塾通い、「小4からスタート」が最多、「通いやすさ」で選ぶ =こどもりびんぐ調べ=

2021年11月22日

塾通い、「小4からスタート」が最多、「通いやすさ」で選ぶ =こどもりびんぐ調べ=

「こどもりびんぐ」は、同社のリサーチ事業「シルミル研究所」が、全国の小学生以上の子どもがいる保護者280人を対象に実施した「学習塾に関する調査」の結果をまとめ、19日に発表した。

それによると、主に中学受験向けの塾への通塾経験を聞いたところ、「現在通っている」と答えた人は16.1%、「過去に通っていた」が12.5%となり、「通ったことはないが興味がある」と答えた人は29.6%だった。

いつから通っていたかの問いには、「小学4年生から」33.8%が最も多く、続いて「小学5年生」が18.8%。通塾の頻度で最も多いのは「週に2~3回」51.3%だった。

通塾の当初の目的は、「中学受験」が67.5%、「成績向上」が27.5%、「高校受験を見据えて」が22.5%という結果だった。

また、首都圏エリアの「ママ・パパが選ぶ学習塾」(利用率)ベスト3は、1位「日能研」、2位「栄光ゼミナール」、3位「早稲田アカデミー」で、関西エリアは1位「日能研」、2位「能開センター」、3位「馬渕教室」だった。

利用率ランキング1位「日能研」の通塾経験者からは、「楽しく通っていたし、友達もでき切磋琢磨して努力していた。親へのサポートも手厚く感謝している」(中学生/40代・埼玉県)、「大手の塾は情報量が違い、講師の経験も違うのでアドバイスが的確で良かった」(中学生/40代・兵庫県)などといった声が寄せられた。

「塾選びの際に最も重視したこと」の問いには、「通いやすいアクセス」63.1%が最も多かった。以下、「通いやすい時間帯」23.1%、「講師が良い」と「子どもが行きたがった」が共に20.0%、「志望校の合格実績」と「有名だから」が共に18.5%の順となった。

その理由としては、「仕事がフルタイムで送迎ができないので、一番近くの自転車で行けるところを選んだ」(小6/50代・大阪府)や、「大手の塾の体験や入塾試験を受けてみて、子どもが一番行きたいと言った塾を選んだ」(中学生/40代・兵庫県)という声があった。

また、悩みとしては「長期休みの補習授業が、通常授業より金額がかなり増す点が家計には痛手。候補の塾全て、金額の点で悩んだ」(小6/40代・茨城県)のように、金額面の内容が多く寄せられた。

この調査は、同社の情報誌「あんふぁんWeb」・「ぎゅってWeb」の会員と、「こどもりびんぐ」アンケート会員で、小学生以上の子どもがいる全国の保護者を対象に、9月24日〜10月28日にかけて、Webで実施。回答者は280人(男性13.9%、女性86.1%:30代31.5%、40代45.7%、50代以上22.8%)。

関連URL

調査結果の詳細

「こどもりびんぐ」

日能研

能開センター

馬渕教室

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務情報を安心・安全に利用 校務用PCの二要素認証ログイン 秀明英光高等学校 導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • BYOD予備機にも最適! 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン実施中 lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス