1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもの英語教室、開始年齢は平均5.1歳、利用率1位は「ECCジュニア」、総合満足度1位は「BE studio」 =こどもリサーチ調べ=

2022年9月16日

子どもの英語教室、開始年齢は平均5.1歳、利用率1位は「ECCジュニア」、総合満足度1位は「BE studio」 =こどもリサーチ調べ=

「こどもりびんぐ」は15日、同社の「シルミル研究所」のWebコンテンツ「こどもリサーチ」が、17歳以下の子どもがいる全国の父母442人を対象に実施した、「全国のママ・パパが選ぶ子どもの英語教室」に関するアンケート調査の結果をまとめ発表した。

それによると、全国の父母が選ぶ子どもの英語教室の、利用率第1位は「ECCジュニア」で、2位は「ベネッセの英語教室 BE studio」、3位は「KUMONの英語」だった。また、総合満足度は、1位「ベネッセの英語教室 BE studio」、2位「KUMONの英語」、3位「ECCジュニア」となった。

さらに、利用経験者数に対して、次に(次も)利用したいと回答した人の比率を独自に算出した「期待度」は、1位「ベルリッツ・キッズ」、2位「キッズデユオ」、3位「ヤマハ英語教室」だった。

また、「英語教室」の利用経験があるのは31.9%で、そのうち19.9%は現在も子どもが通っていた。習い始めた年齢の平均は5.1歳だった。

「英語教室」に通うことになった目的・きっかけを聞いたところ、「将来に必要なスキルだと思うから」50.4%、「親が教えられないから」36.9%。「子どもが通いたいと言ったから」25.5%となった。

「英語教室」入会時に最も重視したことを聞いたところ、「先生がネイティブ」16.3%、「子どもの反応」14.9%、「月額利用料」14.2%、「教材・カリキュラム内容」12.1%、「年齢とレベルに合わせて学べる」8.5%となった。

また、「英語教室」を利用する際に参考にしたものを聞いたところ、1位「教室ホームページ」28.4%、2位「クチコミ」25.5%となり、実際に通わせている人の意見が注目されていることが分かった。

この調査は、子どもがいる全国の父母(「あんふぁんWeb」「ぎゅってWeb」会員、こどもりびんぐアンケート会員)を対象に、7月1日〜14日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は442人(男性12.2%、女性87.8% )。回答者の年代は、20代以下3.8%、30代44.2%、40代33.7%、50代以上18.3% 。

関連URL

調査結果の詳細

こどもりびんぐ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス