1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シュビキ、日本語教育eラーニング「日本語ドリル 建設業編(ベトナム語版)」新発売

2021年9月24日

シュビキ、日本語教育eラーニング「日本語ドリル 建設業編(ベトナム語版)」新発売

シュビキは、日本語教育eラーニングコース「日本語ドリル 建設業編(ベトナム語版)」を21日に発売した。

日本で働く外国人労働者数は、年々増加を続けており、新型コロナウイルス感染拡大防止による渡航制限などで、その伸びは鈍化しているものの、今後それが緩和されれば急増することも予測される。国別に見ると、ベトナムの伸び率が高く、長くトップであった中国を上回って最多。在留外国人数でも韓国を上回って中国に次ぐ2位となり、今後も引き続きの増加が見込まれる(厚生労働省、法務省発表)。受け入れ業種では、製造業、サービス業に次いで建設業が多く、これら産業も、アフターコロナでの活性化が期待されているという。

こうした状況の中、特定技能の在留資格を活用するなどして、外国人労働者を誘致する動きが既に活発化。中でも、先に挙げたような業種で、ベトナム人労働者に対する需要が高まっている。

同作は、こうした現場のニーズに応えて開発されたもので、建設業の現場でよく使う言葉や会話を教材に、日本語を効率的に学べるコース。イラストや、使い方の例、音声などが付いており、PCやスマホで、隙間時間に学べるようになっている。既に発売中の英語・中国語・タイ語版に、今回、ベトナム語版が追加されたもので、今後、更に言語の拡張が予定されている。

単体コースとして研修効率化支援サービス「BISCUE TS」のラインアップにできる他、定額制クラウド型 eラーニング「BISCUE LS」(各スマホ対応)の契約コースに盛り込むことも可能だという。

関連URL

BISCUE eラーニング

BISCUE LS

BISCUE TS

シュビキ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス