1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタル教育施設「REDEE」、「Fortnite英会話スクール」10月も継続決定

2021年9月24日

デジタル教育施設「REDEE」、「Fortnite英会話スクール」10月も継続決定

レッドホースコーポレーションは21日、同社が運営するデジタル教育施設「REDEE(レディー)」が、9月に実施した「Fortnite(フォートナイト)英会話」を10月も毎週日曜日に開講することを発表した。

人気オンラインゲーム「フォートナイト」をプレイしながら英語を学ぶ「Fortnite英会話」は、子どもが効率よく「英語」と「IT」を学ぶことができるスクール。会員以外の一般入館者も予約をして参加することが可能。予約はREDEEのウエブサイトで講義の2週前から(一般入館者は1週間前から)可能。1回だけの体験参加も気軽にできるという。

講師は、経験豊富なファイト先生。講義は講師が生徒と一緒にゲームをプレイしながら、英語を教えながら進行。対象年齢は小学生以上で、授業の難易度は初級。授業では、講師と生徒が同じチームで一緒にゲームをプレイしながら英語で会話していく。例えば、あいさつに使う言葉やeスポーツの基本用語、ゲームに頻出する単語などを覚えた上でプレイを始め、敵の位置など、ボイスチャットを使って英語で伝えながら進めていく。

なお、同レッスンはPCでフォートナイトをプレイしたことのある人向けのレッスンで、PC版のフォートナイトを教えるものではない。PCでの操作ができない場合、レッスンを十分に楽しむことができない場合がある。事前にPC版フォートナイトの操作のレクチャー希望の人は、同レッスン以外でREDEEの「ガレリアラウンジ」(PCエリア)でスタッフからレクチャーを受けることが可能。

また、「Fortnite英会話」の参加は、「REDEEメンバーシップ」に入会するとお得だという。メンバーシップに入会すると、他の多数のプログラミングなどのカリキュラムにも月額料金だけで参加できる。

「Fortnite(フォートナイト)英会話」の予約

関連URL

「REDEE」

レッドホースコーポレーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス