1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルク、英会話アプリ「TALKING Marathon」をWantedlyの福利厚生サービスに提供

2021年9月29日

アルク、英会話アプリ「TALKING Marathon」をWantedlyの福利厚生サービスに提供

アルクは28日、同社の英会話トレーニングアプリ「TALKING Marathon」で、ウォンテッドリーが提供する福利厚生サービス「Perk」にサービス掲載パートナーとして今月から参画し、会員を対象とする優待サービスを提供開始したと発表した。

TALKING Marathonはスマートフォンを相手としたトレーニングなので、事前の予約や通学は不要。アプリを立ち上げるだけで、在宅中のスキマ時間を活用していつでも英語を話す練習ができる。

アルクの「キクタン英語」から厳選された、日常生活・社会・旅行先など多彩なシーンで使える520のフレーズをベースに開発され、会話の流れに沿って6秒以内に英語を発想して話す「クイックレスポンス」トレーニングや、重要なフレーズを徹底的に反復する「パターンプラクティス」で、英語を体に刷り込んでいく。

Perk利用ユーザーの多くはリモートワークが普及している業種・職種につく20代後半から30代の世代であり、自宅で好きな時に「話すトレーニング」を続けられる英会話アプリとして、リモートワークの合間にユーザーの英語スキル向上に貢献していく。

Perk特典ページから初めて会員登録の申込をしたPerk会員に限り、通常月額3980円(税別)のサービスを10%OFFの価格で提供する。また、14日間無料のトライアル期間も設けている。

関連URL

「TALKING Marathon」

「TALKING Marathon」Perk特典ページ

アルク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス