1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 京都産業大学、新型コロナ対策で食堂にライブカメラを設置し混雑状況をリアルタイム確認

2021年10月11日

京都産業大学、新型コロナ対策で食堂にライブカメラを設置し混雑状況をリアルタイム確認

京都産業大学7日、秋学期授業の開始に合わせ、学生食堂や飲食スペース10カ所に、混雑状況をリアルタイムに確認できるライブカメラを設置し、学生が安全に安心してキャンパスライフを過ごせる環境を整備したと発表した。。

本学webサイト「食堂をアイキャッチ」のページ一例

同大学では9月27日から秋学期授業が開始した。従来の新型コロナウイルス感染対策に加え、学生食堂の混雑状況をリアルタイムに確認できるライブカメラ「食堂をアイキャッチ」を設置。

学生は学内10ヵ所の学生食堂や飲食スペースの混雑状況を、スマートフォンでリアルタイムに確認できるようになった。カメラの稼働時間は平日のみで11時30分~14時、60秒毎に情報が更新される。ライブカメラの設置により、学生は混雑している学生食堂を避け食事時間をずらすなど、密を避けて食事ができるようになる。

関連URL

京都産業大学

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス