1. トップ
  2. データ・資料
  3. スピークバディ、TOEIC945点以上/英検1級保持者の半数以上が「ビジネスレベル」未満の英会話力

2021年10月14日

スピークバディ、TOEIC945点以上/英検1級保持者の半数以上が「ビジネスレベル」未満の英会話力

スピークバディは12日、スピークバディを始めるユーザーのレベルチェックテストの結果を公開した。

9月1日〜10月4日のレベルチェックテストの結果によると、過去の試験結果が「TOEIC945点以上/英検1級以上」と回答した304名のうち、半数以上の54.6%が「ビジネスレベル」(CEFR-J B2-1 以上)未満の英会話力であることが判明した。「検定スコアが高くても、思い通りに話せない」という悩みを抱えている英語学習者が多いことが推測される。

英語学習の目的は、全体の約半数(46.4.%)が「日常の場面で使いたい」で、約4人に1人(24.7%)が「ビジネスの場面で使いたい」と回答。

評価項目別の平均点は、「発音(pronunciation)」「流暢さ(fluency)」はスコアが高く、「正確性(accuracy)」「表現の幅(range)」「文章構成(volume)」は低い傾向。

CEFR-Jに準拠したレベル判定(1から10までの10段階で10が満点)では、レベル4(CEFR-J A2-1相当)が22.7%で最も多く、次いでレベル6(CEFR-J B1-1相当)が18.1%。全体の60.8%が「会話が苦手(CEFR-J A2-2以下)」であり、31.5%が「日常会話レベル(CEFR-J B1-1・B1-2)」、7.7%「ビジネスレベル(CEFR-J B2-1以上)」だった。

関連URL

スピークバディ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス