1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソフトバンク、高校向け教育プログラム「AIチャレンジ」2022年4月に提供開始

2021年10月22日

ソフトバンク、高校向け教育プログラム「AIチャレンジ」2022年4月に提供開始

ソフトバンクは20日、高校生を対象としたAI(人工知能)活用人材を育成する教育プログラム「AIチャレンジ」の提供を、2022年4月から開始すると発表した。申し込み受付は1月から開始を予定している。

国内でAIを活用できる人材が不足しており、若手人材の育成が急務である。そこで同社では、高校生を対象にAIの基礎や仕組みを実践的に学べる教育プログラムを提供し、AIを活用できる人材育成に貢献する「AIチャレンジ」に取り組んでいる。
高等学校でのプログラム教育の必修化に伴い、2022年4月に開始される高等学校情報科「情報Ⅰ」「情報Ⅱ」の導入を見据えて、全国の高等学校の授業で採用することができる「AI活用リテラシーコース」と「AI活用実践コース」の二つのコースを用意した。

「AI活用リテラシーコース」は、同社のグループ企業における事業の実例を基に、AIの基礎知識を学習して理解した後に、AIを用いた課題解決の方法を学習者が自ら考えるという内容で、「情報Ⅰ」の科目に対応。また、学習者が考えた課題解決の方法に対して、ソフトバンクのグループ企業の実務者が、実際の事業におけるアプローチ方法などを基にして、実践的なアドバイスと講評を行う。

また「AI活用実践コース」は、「情報Ⅱ」の科目に対応しており、情報科学に特化した学科を持つ高等学校での導入も可能。このコースでは、「AI活用リテラシーコース」の内容に加え、演習テーマに沿ったAIモデルを作成し、身の回りの課題を解決することを学べる実践的な内容となっている。生徒は、学習用のデータを使いAIモデルを作成し、ウェブサービスや人型ロボット「Pepper」などに実際にAIを組み込み、学校や地域社会における身近な課題の解決を目指す。

教材には、ソニーネットワークコミュニケーションズから社会貢献活動の一環として特別価格で提供される予測分析ツール「Prediction One」を含む、「識別系」「予測系」「会話系」の複数の最先端AI構築環境を使用する。

関連URL

「AIチャレンジ」特設サイト

ソフトバンク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 22円/IDからの料金体系
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはこちら! lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス