1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. スイッチエデュケーション×佼成学園、高校「情報」向けmicro:bit用教材を共同開発

2021年10月22日

スイッチエデュケーション×佼成学園、高校「情報」向けmicro:bit用教材を共同開発

スイッチエデュケーションは21日、教育向けマイコンボード「micro:bit(マイクロビット)」を使って制御する車型ロボット教材を、佼成学園中学・高校と共同で開発していると発表した。

同教材は、佼成学園で現在開講している「情報の科学」で試験的に導入して最終調整を行う予定で、来年度から高校で始まる「情報I」に対応したプログラミング教材として、来年3月中の発売を目指している。

同教材は、micro:bitを使って高校「情報Ⅰ」の学習ができる車型ロボットで、授業で使える説明書付き。センサーやサーボモーターといったオプションパーツも追加できる。商品名は「micro:bit用ロボットベース」(仮)で、暫定価格は4980円(税込)。

micro:bitは、イギリスのBBCが主体となって作った教育向けのマイコンボード。25個のLED、2個のボタンスイッチのほか、スピーカー、マイク、タッチセンサー、加速度センサー、地磁気センサー、明るさセンサー、温度センサー、無線通信機能が付いており、プログラミング教育必修化に伴い小学校、中学校、高校での導入が進んでいる。

【佼成学園で導入中のカリキュラム】
・題材として、飲食店で今後普及するであろう「配膳ロボット」を設定
・配膳システムに必要な機能(店内を周回する、指定されたテーブルにモノを運ぶなど)を課題として設定
・実際にレストランのミニチュア模型内で動かし、設計した通りに動作するか確認する
・課題を1つずつクリアしていくことでプログラミング的思考を身に付ける
・micro:bitのプログラミングにはMicroPython(Pythonの一種)を利用

カリキュラムの詳細

関連URL

「micro:bit」

佼成学園中学校・高等学校

スイッチエデュケーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはこちら! lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス