1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタル教材「リブリー」、2022年4月から高校「地理歴史・公民」に対応

2021年11月16日

デジタル教材「リブリー」、2022年4月から高校「地理歴史・公民」に対応

Libryは15日、同社のデジタル教材プラットフォーム「リブリー」が、2022年4月から、高校「地理歴史科・公民科」のデジタル教科書・教材にも対応すると発表した。

今回対応するのは、すでに業務提携を発表している「清水書院」「教育図書」「東京法令出版」の3社の地理歴史・公民の教科書・教材。特に、公民・新科目「公共」を発行する8社の教科書会社のうち4割弱をカバーする。

リブリーでは、2022年4月から新たに実装する「ページリンク」「メディアリンク」「赤シート」などの新機能で、地理歴史や公民の学習をこれまでの紙の教科書・問題集の良さを残しつつ、デジタルの強みを融合させる。

「ページリンク」機能は、キーワードを選択するだけで、関連教材の該当ページを自動でリストアップ、簡単にアクセスでき、興味を持った瞬間を逃さず、内容をより深く学べるようになる。

「メディアリンク」機能は、画面上のボタンを選択するだけで、ワンタッチで関連する動画やWEBサイトを閲覧でき、生徒の主体的な学びをサポート。

また、「赤シート」機能は、暗記したい単語、復習したい単語などを画面上で自由に隠したり、表示することができる。

リブリーは現在、全国の高校・中学を中心に600校以上で導入されており、17社400冊以上の教科書会社、教材会社のデジタル教材をプラットフォームで提供している。

2022年4月実装の新機能の解説動画

関連URL

「リブリー」

Libry

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス