1. トップ
  2. データ・資料
  3. ケネスリサーチ、「教育工学市場」の世界の需要分析と機会の見通しを発表

2021年11月18日

ケネスリサーチ、「教育工学市場」の世界の需要分析と機会の見通しを発表

ケネスリサーチは17日、教育工学(EdTech)市場の世界の需要分析と機会の見通しに関するレポートを発表した。


これは、Research Nester Private Limitedが10月12日に発刊した「EdTech市場の予測評価を提供する調査レポート」をもとにしたもので、EdTech市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調している。

それによると、世界のEdTech市場は、多額の収益を獲得し、2022~2030年の予測期間中に19%の最大のCAGRで成長すると推定。

市場の成長は、インターネットユーザーの増加、モバイルデバイスの浸透の増加、世界中の教室でのEdTechソリューションの需要の高まりに起因する可能性がある。

2019年には、世界で約40億人がインターネット(世界の人口の半分)にアクセス。北ヨーロッパは95%以上の最高のインターネット普及率を持っている。人工知能、モノのインターネット(IoT)、AR/VRなどの技術の成長する開発は、今後数年間で市場に豊富な成長の機会を提供することが期待されている。

モノのインターネットと人工知能(AI)を多数の産業用および住宅用アプリケーションに急速に統合することで、EdTech市場は今後数年間で大幅に成長すると予想されている。

EdTech市場の成長は、多くの業界でデジタルトランスフォーメーションを可能にする率の上昇によって大きな影響を受けると予測される。

2017年と比較して、2018年のICTおよびテレコムのテクノロジー支出は約5%の成長を記録。2019年に製造業は、デジタルトランスフォーメーション約3400億米ドルを投資したと推定されている。

アジア太平洋地域の市場では、この地域でのスマートデバイスとインターネットのユーザーベースの拡大を背景に、予測期間中に注目に値する成長を遂げると推定されている。

中国は、世界で最も多くのインターネットユーザーを抱えており、国内では850百万人以上がインターネットにアクセス。インドや中国などの国々で手頃なブロードバンド接続の開発が進んでいることも、この地域の市場の成長を後押しすると予想されている。

さらに、北米地域の市場は、予測期間中に最大のシェアを獲得すると予想される。この成長は、米国の教育セクターにおけるプライベートエクイティ投資家やベンチャーキャピタリストからの投資の増加に起因している。

ケネスリサーチは、自動車・運輸、化学・材料、ヘルスケア、食品・飲料・消費財、半導体、エレクトロニクス・ICT、パッケージングなど、様々な分野で市場調査ソリューションを提供する再販代理店。

関連URL

「調査レポート」の詳細

Research Nester Private Limited

ケネスリサーチ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス