1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Google、メディアリテラシー向上のために 無料講座と啓発コンテンツを公開

2021年12月3日

Google、メディアリテラシー向上のために 無料講座と啓発コンテンツを公開

Googleは1日、メディアリテラシーを高めるのに役立つ、新たな取り組み、無料講座と啓発コンテンツを公開した。

社会における情報のデジタル化が進むにつれ、いつでも、誰もが情報の受発信ができる時代に。その中には不確かな情報、偽の情報、意図的に間違った方向に導こうとする情報も存在している。とりわけ、新型コロナウイルス感染症の拡大により、こういった情報が私たちの生活にも大きな影響を及ぼすようになった。Googleでは、正確でタイムリーな情報を見つけるための取り組みに注力しているが、デマや誤情報に惑わされないようにするためには、私たち一人ひとりが情報を吟味し、取捨選択する力を高める必要があるという。

Googleでは、デジタルスキル習得に対するニーズの高まりを受け、2019年から「Grow with Google」で無料のデジタルスキルトレーニングを日本に提供。その新たなコンテンツとして、情報を主体的に吟味し、活用する力を身につけるためのオンライントレーニング「はじめてのメディアリテラシー」を公開。

前半では 、情報との向き合い方や信頼できる情報源の調べ方、その基本的な考え方について、下村健一氏が伝える。後半では、より実践的な検索のテクニックについて、 Google News Lab ティーチングフェロー 古田大輔氏が解説する。

今回、より幅広い層の人に情報との向き合い方について考える機会を提供するため、趣旨に賛同した5組のYouTubeクリエイターが「情報との向き合い方」に関する啓発動画を制作。

参加 YouTube クリエイターは、はじめしゃちょーさん、はじめまして松尾ですさん、ボンボンTVさん、音速パソコン教室さん、QuizKnockさん (※ QuizKnockさんの動画は近日公開予定)。

同取り組みに際して、幅広い年代のメディアリテラシー、情報教育に携わる、令和メディア研究所 主宰 白鴎大学特任教授 下村健一氏、及びアジアにおけるニュースリテラシー教育を専門とする香港大学ジャーナリズム・メディア研究センター 副教授 鍛治本正人氏が監修。

関連URL

はじめてのメディアリテラシー

YouTubeクリエイターによる「情報との向き合い方」に関する啓発動画

Google

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス