1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. フレーベル館、ICT教育を活用して読書推進を活性化する「ブックトレーラーコンクール」開催

2022年1月18日

フレーベル館、ICT教育を活用して読書推進を活性化する「ブックトレーラーコンクール」開催

フレーベル館は14日、急速に進む学校現場でのICT教育を活用して読書推進を活性化させるため、「ブックトレーラーコンクール」を開催すると発表した。


ブックトレーラーとは、映画の予告編(ムービートレーラー)のように、自分の読んだ本の感想や面白さを他の人に伝えるためのプロモーション動画のこと。

今回は実証実験という位置づけで、「近畿大学附属小学校」、「郡山ザベリオ学園小学校」、「森村学園初等部」の3校協力のもと、4年生~6年生約555人の児童が参加する。3校の児童には授業の一環として課題図書の感想を伝える動画を制作してもらうことで、プレゼンテーション能力やデジタルツールの活用スキル向上を図る。また、表彰時にはオンラインで学校間を繋ぎ、交流の機会を設ける。次年度以降には対象年齢やジャンルを拡げるとともに、パートナー企業や出版社、団体を募ることで読書推進活動の輪をさらに大きく拡げていくことを目指す。

従来、本の魅力を伝える活動には感想文や感想画などのアウトプットや各コンクールがあるが、「Society 5.0」と呼ばれる今の時代にあった新しい表現方法や手法を加えることで、より多くの子どもたちの個性を発掘するとともに、積極的に本に親しむ機会を創出し、出版業界全体を盛り上げたいという想いから、同コンクールを開催する運びに。※1月末まで作品を募り、3 月上旬にオンラインで審査結果発表と表彰式を開催予定。受賞作品は弊社コーポレートサイトにて公開する。

課題図書は、「家守神1 妖しいやつらがひそむ家」。審査委員は、本田亮氏(国連 WFP 理事 CMプランナー)、佐々木康晴氏(電通 執行役員 CCO)、土居安子(大阪国際児童文学振興財団理事)、おおぎやなぎちか氏(課題図書著者・児童文学作家)、児童による審査は参加3校の児童555人。

家守神1 妖しいやつらがひそむ家

家守神1 妖しいやつらがひそむ家のプロモーション動画

関連URL

フレーベル館

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス