1. トップ
  2. データ・資料
  3. 世界の教育・学習アナリティクス市場、2021~2026年の間に約20%のCAGRで成長=グローバルインフォメーション分析=

2022年1月20日

世界の教育・学習アナリティクス市場、2021~2026年の間に約20%のCAGRで成長=グローバルインフォメーション分析=

グローバルインフォメーションは、「教育および学習アナリティクスの世界市場:業界動向、市場シェア、市場規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)と題する市場調査レポートの販売を、1月18日に開始した。

同レポートによると、世界の教育・学習アナリティクス市場は、2020年に37億米ドルの規模に達し、今後、2021~2026年の間に約20%のCAGRで成長すると予想されている。

教育・学習アナリティクスとは、学習者の教育体験を最適化するために、学習者に関するデータを測定、収集、分析、報告することを指す。

教育研究、評価科学、統計学、視覚化、データ科学、人工知能(AI)、人間中心のデザインのための社会工学的システム思考を組み合わせたもので、これらのツールは、学生のためのカリキュラムを設計するために使用される。

また、企業組織では、人材の獲得、維持、トレーニング、介入、パフォーマンスとオペレーションの管理のための戦略を開発するために活用されている。

教育産業の著しい成長と、機械学習(ML)システムの導入の増加は、同市場の見通しを良くする主な要因の1つ。

また、仮想学習環境(VLE)、学習管理システム(LMS)、学生情報システム、図書館管理システムなど、様々なソフトウェアベースのシステムが広く利用されていることも、同市場の成長を後押ししている。

モバイル学習機器、学生情報システム、講義キャプチャ、学習管理ツールなどのeラーニング技術の普及で、学習者は従来の教育システムからより価値のある知見を得て、生産性を高めることができるようになった。

また、学校や大学キャンパスが学生のデータを集約して成績を分析するためのデジタルプラットフォームを開発するなど、様々な技術の進歩も同市場の成長に貢献している。

その他、学校・大学の学生や社会人を対象とした効率的な学習・トレーニングプログラムの開発に教育・学習分析を活用することに関する意識の高まりなども、同市場をさらに押し上げる要因になると考えられている。

世界の教育・学習アナリティクス市場における主要な企業として、Alteryx Inc.、Blackboard Inc.、G-Cube、Inetsoft Technology Corp.、Information Builders Inc.、iSpring Solutions Inc.、MicroStrategy Incorporated、Saba Software Inc. (Cornerstone OnDemand Inc.)、SAP SE、SAS Institute Inc.、Yellowfin Business Intelligence Co.などが挙げられている。

関連URL

レポートの無料サンプル

グローバルインフォメーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス