1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. モノグサ、竹内孝太朗CEOが文科省の実証研究にEdtech領域の専門家として参画

2022年2月2日

モノグサ、竹内孝太朗CEOが文科省の実証研究にEdtech領域の専門家として参画

学習プラットフォーム「Monoxer」を運営するモノグサは1日、代表取締役CEOの竹内孝太朗氏が文部科学省の実証研究「日本語教育のための効果的な遠隔授業モデル構築プロジェクト」にEdtech領域の専門家として参画したことを明らかにした。


同プロジェクトは、文部科学省の「専修学校における先端技術利活用実証研究」の公募に対して文化外国語専門学校によって提案され、採択されたもので、2021年度から2023年度の3カ年にわたって実施される。

日本国内にいる留学生のほか、渡航制限により入国できない学生を念頭に、デジタルテクノロジーを活用し、日本語教育における効果的な遠隔授業モデルを確立することを目的としている。

竹内氏は1月31日に開催された第2回会議に出席し、日本語教育におけるITを活用したDX推進に関して提言を行った。

関連URL

モノグサ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス