1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. モノグサ、記憶アプリ「Monoxer」でウクライナ語学習コンテンツを一般公開

2022年7月7日

モノグサ、記憶アプリ「Monoxer」でウクライナ語学習コンテンツを一般公開

モノグサは5日、解いて憶える記憶アプリ「Monoxer(モノグサ)」で、ウクライナ語学習コンテンツを一般公開したと発表した。

ウクライナ語学習コンテンツは、日本語からウクライナ語とウクライナ語から日本語に変換する形式の問題で、それぞれ「単語」「基本会話」の4種類のbook(問題集)を一般公開した。これらの活用により基本的な単語や会話の学習ができる。

また、モノグサは、教育を通じて難民の新しい道を拓くことを目指し活動を続けるパスウェイズ・ジャパンのウクライナ避難民受け入れ事業へ寄付を実施。厳しい状況に直面するウクライナ避難民への支援活動を行うとともに、一日も早い事態の収束を願っているという。

「Monoxer」App Store ダウンロード

「Monoxer」Google Play Store ダウンロード

関連URL

パスウェイズ・ジャパ

モノグサ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス