1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教育同人社、クラウド型デジタル教材「デジドリル」児童・教員用体験版の利用者を募集

2022年2月17日

教育同人社、クラウド型デジタル教材「デジドリル」児童・教員用体験版の利用者を募集

教育同人社は14日、2022年度にリリースするクラウド型デジタル教材「計算デジドリル」および「漢字のたしかめデジドリル」(デジドリル)を本格的に利用できる児童・教員用体験版の配信を開始したと発表した。体験版の利用は、3月31日まで。

同ドリルは、2021年度3学期のドリルに収録されている「学年まとめ」から問題を抜粋して出題。当該学年の既習内容や3学期に学習する内容のため、すぐに学校の授業や宿題として利用可能。体験版に申し込みした人数分の児童用ID・パスワードを発行。発行されたID・パスワードを児童に伝えるだけで利用ができる。また、教員用のID・パスワードも発行。実際に児童が解いた問題の集計画面などが確認できる。

計算デジドリルは、同社発行の『くりかえし計算ドリル』を全問デジタル化したもの。学校現場で従来使われてきた紙のドリルと同じ感覚で利用ができる。解答は手書きで記入。数字だけでなく「cm」「kg」などの単位まで手書き文字を判別する。全問、自動採点可能のため、丸つけの負担が大幅に削減される。

漢字のたしかめデジドリルは、同社発行『漢字のたしかめ』を全問デジタル化したもの。紙面と同様に、縦書きの問題を出題。解答は手書きで記入し、縦書きの文章も判別して自動採点する。漢字の字形だけでなく、書き順、送り仮名も判別して自動採点する。

利用申込 

関連URL

教育同人社

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス