1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 鴻巣市「教員たちの働き方変革」の取り組み映像を内田洋行とインテルが共同制作

2022年2月22日

鴻巣市「教員たちの働き方変革」の取り組み映像を内田洋行とインテルが共同制作

内田洋行は、インテルと共同制作で、埼玉県鴻巣市教育委員会の「先生の働き方変革」の取り組みを映像化したと発表した。

鴻巣市教育委員会は、教育ICT基盤をフルクラウド化し、学術情報ネットワーク「SINET」と、マイクロソフトのクラウドプラットフォームであるMicrosoft Azureを接続したICT環境とした。

校務系、校務外部系、学習系のネットワークを分離した境界防御を変え、ゼロトラストモデルに基づいた包括的なセキュリティ対策を施し、一つのネットワークとすることで、教職員用のPCが統合化された。職員室や教室、授業で使うPCを校務系、校務外部系、学習系と切り分ける必要がなくなった画期的なモデルだという。

制作にあたり、ショート版とロング版の編集を行った。ロングバージョンでは授業で子どもたちがICTを活用しながら発表を行ったり調べ学習を行ったり、いきいきと輝く様子がふんだんに盛り込まれているという。

鴻巣市教育委員会では、教職員の新たな働き方として、2016年に導入した統合型校務支援システムを刷新し、子どもたちの成長の見守りと教職員の負担軽減を実現している。

内田洋行「デジタル校務」は、小学校から中学校までの9年間を「個人カルテ」として学籍・出欠・成績・保健などの情報を体系的に蓄積。「欠席が続いている」「保健室によく行く」「アレルギーがある」などの傾向を教職員間で共有し、9年間の成長を見守り、きめ細かい生徒指導をサポートする。

今回の整備で、校務事務フローの電子化を行い、文書管理機能として教育委員会からの照会等の収受から回答までのワークフローの電子化・電子決裁等、機能を大幅に強化した。また、2次元バーコードを利用した勤怠管理機能と連携し、研修会案内などの文書通達から行事登録、出張管理、出勤簿作成、スケジュール入力までの一連の流れを完全ペーパーレス化し、教職員の大幅な負担軽減に繋げた。

今後はIMS国際技術標準「OneRoster」を利用し、名簿情報の更新など教職員の負担軽減に繋げることや、校務系データと複数の学習系データを連携させ、様々な角度から分析することを目指しているという。

鴻巣市「教員たちの働き方変革」教育ICT基盤をフルクラウド化 内田洋行・インテル ショートバージョン

鴻巣市「教員たちの働き方変革」教育ICT基盤をフルクラウド化 内田洋行・インテル ロングバージョン

関連URL

鴻巣市

インテルの教育への取組

内田洋行 GIGA スクール構想

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス