1. トップ
  2. データ・資料
  3. 教育におけるデジタル化の市場規模、2026年に467億米ドルに到達 =グローバルインフォメーション発表=

2022年3月4日

教育におけるデジタル化の市場規模、2026年に467億米ドルに到達 =グローバルインフォメーション発表=

グローバルインフォメーションは、「デジタル教育の世界市場~新型コロナの影響分析:エンドユーザー別 (教育機関、企業・公共部門)・学習の種類別 (自習型オンライン教育、講師主導型オンライン教育)・コースの種類別・地域別の将来予測(2026年まで)」(MarketsandMarkets)と題する市場調査レポートの販売を3月2日から開始した。

同レポートによると、教育におけるデジタル化の市場規模は、2021年の115億米ドルからCAGR32.3%で成長し、2026年には467億米ドルに達すると予測されている。

インターネットの普及率の向上、オンライン学習を利用したインフラコストの削減と拡張性の向上、効率性、利便性、柔軟性の向上、マイクロラーニングの需要の高まりなどが、同市場の成長を促進させる。

また、「コロナパンデミック」の影響で、世界中の学校が閉鎖されており、186カ国12億人以上の子どもたちが学校閉鎖の影響を受けている。多くの地域で子どもたちが教室から離れていく状況の中で、パンデミック終息後のオンライン学習の継続と、そのデジタル教育市場における影響などに注目が集まっている。

コロナ以前にも、デジタル教育技術はすでに高い成長率と採用率を示しており、2019年の世界のEdtech投資額は186億6000万米ドルに達した。さらに言語アプリ、仮想家庭教師、ビデオ会議ツール、オンライン学習ソフトウェアの利用者は、コロナ以降急増している。

オンライン学習は、教師やインストラクターが学習者にレッスンを提供するための効率的な方法を提供。また、ビデオ、PDF、ポッドキャストなどの様々なツールがあり、講師はこれらのツールをレッスンプランの一部として利用することができる。

従来の教科書だけでなく、オンライン教材を使った授業を行うことで、より効率的な教育が実現できる。バーチャルラーニングでは、学習者は自宅にいながら授業を受けることができ、時間の節約だけでなく、学習に最適なコースを柔軟に選択できる。

オンライン教育では、受講者と講師が直接顔を合わせることができない。また、オンラインコースでは、ユーザーが自分のペースで学習できる柔軟性が提供される一方で、学習ペースの維持のためには自制心が必要となる。

電子機器でリマインダーを設定しても、自己管理能力に欠ける学生の場合は、学習の進捗が遅くなる可能性がある。また、従来の教育システムでは、仲間同士の交流や社会性が刺激となるが、オンライン学習者の環境は、従来のものと比べて遅れている。

関連URL

レポートの詳細目次

グローバルインフォメーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス