1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AIジャーナリングアプリ「muute」、中学高校との共同プロジェクトの結果を公開

2022年3月4日

AIジャーナリングアプリ「muute」、中学高校との共同プロジェクトの結果を公開

AIジャーナリングアプリ「muute」を開発・運営するミッドナイトブレックファストは3日、生徒の自己理解力の促進やメンタルヘルスの向上を目的に、全国9校の中学校・高等学校と共同プロジェクト「muute for school β」を実施したと明らかにした。

muuteは、感じていることや思っていることを日記のように自由に書き出し、AIがそれらの感情や思考を分析してフィードバックを行って、自分自身と向き合い客観的に振り返ることができるAIジャーナリングアプリ。

今回のプロジェクトでは9校の参加校から189名の生徒が参加し、1月11日から2月21日までの期間中、約2週間にわたり自身の感情変化や出来事の振り返りを行うツールとしてmuuteを利用した。具体的には①授業時間の最後の10分間を使い、その時の気づきや感情変化について記録する、②朝礼や終礼などのホームルームで1日の計画や総括を記録する、③部活動の練習内容や反省内容を記録する、④もやもやした時や嬉しかった時、何かを感じた時など自由なタイミングで記録をする、といった4パターンのいずれかの方法でmuuteを活用し、個人の自己理解力や非認知能力への影響を検証した。

取り組みの結果、生徒の88%が「自己理解力の向上」に、78%が「自分のメンタルケアにつながった」と回答した。どのように自己理解が進んだかを訊ねると、「自分の思考と感情を客観的に把握できた」「自分の感情の機微や起伏についてよりよく知ることができた」「自分がどんなことに影響を受けやすいかがわかった」などの声が多く聞かれた。

また、どのようなメンタルケア効果を感じたかを訊いたところ、「書いて自分の状態を客観視することで気持ちが落ち着いた」「考えることで思考が整理されて、頭がスッキリした」「書くことで悩みやストレスが軽減した」などの回答が多く見られた。

関連URL

「muute」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス