1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもがいる男女の33.6%が「子育ての悩みを誰にも相談していない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

2022年4月20日

子どもがいる男女の33.6%が「子育ての悩みを誰にも相談していない」と回答=日本トレンドリサーチ調べ=

日本トレンドリサーチは19日、青山ラジュボークリニックと共同で、子どもがいる全国の男女1286人を対象に実施した、「子育ての悩みについてのアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「子育てで悩んだことがあるか」を聞いたところ、50.9%が「悩んだことがある」と回答。

「どのようなことで悩んだか」を尋ねたところ、「男の子」の場合は、「思春期を迎え、ほとんど自分のことを話さなくなった。何を考えているのかわからない。コミュニケーションがほとんど取れない」(子どもの年齢14歳)、「学校のことなども話さなくなって、理由も言わず全てに反抗的」(同13歳頃)などの声が寄せられた。

また、「女の子」の場合は、「スマホを持たせてしまったばかりに、スマホに夢中になってしまった」(同11歳)、「反抗期。女性同士ぶつかることも多々。旦那とはゲームの話で意気投合しているのでうまくいっている」(同中学生)などの声が寄せられた。

「(子育てで)悩んでしまった時、誰に相談することが多かったか」を聞いたところ、「誰にも相談していない」が33.6%で最も多かった。以下、「夫/妻」31.9%、「友人」11.8%、「親」9.5%などが続いた。

では、「誰かに相談した結果、悩みが解決できたことはあるか」を聞いたところ、63.5%が相談したことで「悩みが解決できたことがある」と回答した。

また、「どのように悩みを解決したか」を尋ねたところ、親に自分自身の子どもの頃の話を聞いたり、友人に相談することで「どこの家庭も似たようなもの」と気持ちが楽になったりしたという声が聞かれた。夫や妻としっかりと話し合うことでも、解決につながる場合も少なくないようだ。

この調査は、子どもがいる全国の男女を対象に、4月10日~14日にかけて実施した。有効回答数は1286人。

関連URL

調査結果の詳細

青山ラジュボークリニック

日本トレンドリサーチ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス