1. トップ
  2. データ・資料
  3. 休日の部活指導の民間委託、部活経験者の70%以上が「賛成」=日本トレンドリサーチ調べ=

2022年5月25日

休日の部活指導の民間委託、部活経験者の70%以上が「賛成」=日本トレンドリサーチ調べ=

NEXERが運営する日本トレンドリサーチは24日、事前調査で「中学校のときに部活動をしていた」と回答した全国の男女計1200人を対象に実施した、「中学校の部活動に関するアンケート」の結果をまとめ発表した。

それによると、「平日の部活動の指導は主に誰が担当していたか」を聞いたところ、91.3%が「学校の先生・職員」と回答。「外部の指導者」4.2%、「保護者」0.3%との回答もあった。

「学校の休日に部活動はあったか」を聞いたところ、「あった」66.5%、「なかった」33.5%だった。

一方、「休日の部活動の指導は、主に誰が行っていたか」を聞いたところ、平日同様、「学校の先生・職員」が最も多く87.3%。

平日は「学校の先生・職員」「外部の指導者」「保護者」が主に指導を行っているが、休日の主な指導者を「その他」と回答した人に、誰が指導をしていたのか聞いたところ、「先輩」(野球部60代男性)、「キャプテン」(テニス部60代男性)、「卒業した先輩」(テニス部60代男性)などの声が寄せられた。

また、休日の部活動の指導を「民間業者」に委ねることについて、どのように思うかを尋ねたところ、最も多かったのは「どちらかというと賛成」の41.6%で、「賛成」も合わせると7割を超えた。一方で、「どちらかというと反対」も16.1%いた。

「賛成」の理由については、「先生にも休みがいるから」(60代女性)、「ボランティアでやるには度を超えていると思うから」(50代男性)、「部活動の顧問をしている時間を、授業準備や資料作成を行う時間にあてるべきだと思うから」(20代男性)「実績のある指導者に教えてもらうことが能力の向上になるので」(40代男性)などの意見が寄せられた。

一方、「反対」の理由については、「責任の所在があいまいだから」(40代男性)、「部外者が学校に入るのは怖い」(30代女性)、「先生との良好な関係を築く場でもあると思うし、顧問が変わるというのは生徒側もやりづらいと思う」(20代男性)、「そもそも休日の部活動が不要」(50代男性)などの声が寄せられた。

この調査は、事前調査で「中学校のときに部活動をしていた」と回答した全国の男女を対象に、4月30日~5月17日にかけて実施した。有効回答数は1200人(20代以下・30代・40代・50代・60代・70代以上各200人)。

関連URL

調査結果の詳細

日本トレンドリサーチ

NEXER

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス