1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2023年卒大学生の内々定率、前年比4.9pt増の26.4.% =マイナビ調べ=

2022年4月8日

2023年卒大学生の内々定率、前年比4.9pt増の26.4.% =マイナビ調べ=

マイナビは7日、2023年卒業予定の全国の大学生・大学院生計5314人を対象に実施した、「2023年卒大学生 活動実態調査(3月)」の結果をまとめ発表した。

それによると、2023年卒業予定の大学生・大学院生の、3月末時点での内々定率は26.4%(前年比4.9pt増)、平均内々定保有社数は1.7社(前年比0.2社増)で、3月初旬同様、内々定率・平均内々定保有社数ともに前年比増となった。

また、4月に改正された育児・介護休業法、労働施策総合推進法(パワハラ防止法)、女性活躍推進法などの法改正に対して、企業が積極的に取り組むことについて、企業を選択する上で「重視する」という学生は82.4%だった(「非常に重視する:36.3%」+「まあ重視する:46.1%」の合計)。企業の就業環境に関する法律への対応に、多くの学生が関心を寄せていることが分かる。

「もし応募や入社を検討する企業が、社会的に困難な状況にある国や地域の人に対して、人道支援を表明したとしたら、どのように感じるか」と質問したところ、約4割(39.5%)の学生が「企業に対して良い印象を持ち、志望度が上がる」と回答。

企業が社会貢献性のある取り組みを表明することは、学生の志望度に一定の影響を与えることが分かった。

また、「就活を終えてもいいと思えるタイミングは、どのような状況か」という質問に自由記述で回答してもらったところ、「納得のいく内定を得たら」のように、志望度に関わらず内々定先として納得のできる企業と出会えたときという回答や、「第1志望の企業から内々定を得たら」など志望順位を軸にする回答も見られた。

志望順位を大切にする一方で、自分自身がしっかりと納得できるかどうかを総合的に見極めた上で就活を終えてもよいという学生が多い。

この調査は、2023年3月卒業見込みの全国の大学生・大学院生で、「マイナビ2023」の会員を対象に、3月25日~31日にかけて、WEBアンケートで実施。有効回答数は5314人(文系男子966人、理系男子957人、文系女子2356人、理系女子1035人)。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス