1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2023年卒学生の内々定率、前年比5.1pt増の15.1%=マイナビ調べ=

2022年3月11日

2023年卒学生の内々定率、前年比5.1pt増の15.1%=マイナビ調べ=

マイナビは10日、2023年卒業予定の全国の大学生・大学院生5769人を対象に実施した、「マイナビ 2023年卒大学生活動実態調査(3月1日)」の結果を発表した。


それによると、2023年卒業予定の大学生・大学院生の3月1~3日時点での内々定率は15.1%(前年比5.1pt増)、平均内々定保有社数は1.5社(前年比0.1社増)だった。

企業の採用意欲が高まり、3月1日の広報活動開始と同時に選考・内々定出しを行う企業が多いことなどが背景にあると考えられる。

なお、全体の8割を超える未内々定の学生は現在「エントリーシート提出」「エントリー(プレエントリー含む)」に注力しており、大多数の学生はこれから就職活動を本格的にスタートさせていく予定であることがうかがえる。

「就職先として企業を選ぶ際のポイント」を聞いたところ、最も多かった回答は「安定性がある」で66.8%だった。

「社風や働く社員が良い・良さそう」や「福利厚生が充実している」、「待遇面(給与、休日休暇制度含む)が良い」の割合も過半数を超えた。

社風や社員の雰囲気などのソフト面、福利厚生・待遇などのハード面の両方で、就職先が安心して働くことができる環境かどうかを重要視しているようだ。

ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)について「どのようなポイントをアピールできそうか」を聞いたところ、「アルバイト経験」、「学業・研究活動・ゼミ活動」が上位にあがった。

一方、「どのようなポイントにガクチカ(のエピソードとして)不足を感じているか」を聞くと、「ボランティア活動」「海外留学」が上位だった。

この調査は、2023年3月卒業見込みの全国の大学3年生と大学院1年生を対象に、3月1日~3日にかけて、「マイナビ2023」の会員に対するWEBアンケートという形で実施。有効回答数は5769人(文系男子1046人・理系男子711人・文系女子3008人・理系女子1004人)。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス