1. トップ
  2. データ・資料
  3. 通信制高校の不安、親・本人とも「全日制と同じ水準の教育を受けられるか」が最多=クリスク調べ=

2022年3月11日

通信制高校の不安、親・本人とも「全日制と同じ水準の教育を受けられるか」が最多=クリスク調べ=

クリスクは10日、同社の検索サイト「通信制高校ナビ」の利用者285人(親・本人・その他)を対象に実施した、「通信制高校に期待すること、不安なこと」についてのアンケート調査の結果をまとめ発表した。


それによると、「通信制高校について不安な点はあるか」と聞いたところ、「特に不安はない」と回答したのは全体の4.6%だけで、多くが何らかの不安要素があると回答した。

親・本人ともに不安な要素としてあげている人が多かったのは、「全日制高校と同じ高校卒業資格が取れるか」と「全日制高校と同じ水準の教育を受けられるか」の2点。

また、親の方が本人よりも気にしている割合が多いのは、「将来の目標ややりたいことを見つけられるか」12.4%、「学校に馴染めるのか」11.8%、「全日制高校と同等の高校生活を送れるか」10.4%だった。

一方本人は、「友達ができるのか」11.5%、「どんな先生がいるのか」11.2%、「その先の進学に影響がないか」10.9%という項目が多かった。

親の場合は子どもが学校に馴染めるかどうかを気にしつつ、将来の進路に関して不安に思う声が大きく、対して子どもの方は高校卒業後の進路を気にしつつ、関心が特に高いのは友達や教師など、人間関係に関する不安が多く見受けられた。

また、「通信制高校に期待すること」を聞いたところ、多くの回答を集めたのが「高校卒業資格を確実に取得できる」 (親17.1%、本人16.8%)で、親子とも最も大きな割合を占める回答だった。

そのほかにも、「目標に向けた勉強ややりたいことができる」、「勉強の遅れを取り戻せる」という項目が親子ともに期待が大きかった。

この調査は、「通信制高校ナビ」の利用者285人(親・保護者175人、入学者本人92人、その他18人)を対象に、2021年12月16日~ 2022年2月9日にかけて、同ナビの利用者対象アンケートフォームを使って実施した。回答者は、親・保護者が61.4%、入学者が32.3%で、教員などその他の属性が6.3%。

関連URL

調査結果の詳細

「通信制高校ナビ」

クリスク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス