1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 音声プラットフォーム「Voicy」、武蔵野大アントレプレナーシップ学部が校内放送に導入

2022年5月17日

音声プラットフォーム「Voicy」、武蔵野大アントレプレナーシップ学部が校内放送に導入

Voicyは16日、同社の音声プラットフォーム「Voicy」が、武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(EMC)に導入され、校内放送を開始したと発表した。

「Voicy」を学校内で活用するのは初めての取り組みで、同学部では5月9日から校内放送を開始。学生と教員、そして学生同士の新しいコミュニケーションの形を模索し、音声を活用することで学部内コミュニケーションの活性化を図っていく。

「Voicy」は、年間1300万人が利用する音声プラットフォームサービス。ビジネス、エンタメ、スポーツなど様々な分野の専門家や経営者などの声のブログや、ニュース、企業の声を伝えるオウンドメディアなどのコンテンツを提供。EMCの学部長や教員も、パーソナリティとして想いや情報を声で発信している。

また今回、「Voicy」内に学生や教職員などのEMC関係者だけが聴けるクローズドなチャンネルを設置。「教員紹介」、「学生の自己紹介や活動紹介」、「科目紹介」および、「授業外で得た学びやおすすめのイベント情報」、「授業では語り切れなかったプラスαの情報の共有や補足」などを番組として毎日放送する予定。

放送はアーカイブされ、自身の都合に合わせていつでも聴くことができる。

同学部は、「世界の幸せをカタチにする。」ために、実践重視のカリキュラム、現役実務家教員による伴走、そして多くの起業家たちや仲間たちとの対話を通じてアントレプレナーシップ(起業家精神)を育むことを目指している。

関連URL

「武蔵野大アントレプレナーシップ学部の取り組み」

「Voicy」

Voicy

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス