1. トップ
  2. データ・資料
  3. 初年度の保活で第一希望の施設に受かった人は6割 =千調べ=

2022年5月17日

初年度の保活で第一希望の施設に受かった人は6割 =千調べ=

千は13日、未就学児、園・学校に通う子どもを持つ親112名を対象に実施した「保活に関する保護者の実態調査」の結果を発表した。

それによると、初年度の保活結果については、「第一希望の施設に入れた(62.50%)」「第二希望の施設に入れた(10.71%)」「第三希望の施設に入れた(4.46%)」「第四希望以下の施設に入れた(8.04%)」「二次募集で入れた(3.57%)」「入れなかった(10.71%)」だった。

全体の約9割が施設に受かっているが、第一希望に受かった人は約6割にとどまり、待機児童が減少しても、第一希望園への入園を目指す保護者の保活は今後も必要だという。

「もう一度保活をするとした場合に重視するポイント」の、施設選びの基本条件では「職員の雰囲気(84.82%)」が最も高く、特色では「食育・自然体験に取り組む時間(43.75%)」が最も高かった。

調査概要
調査テーマ:保活に関する保護者の意識調査
調査方法 :WEBアンケート調査
調査対象者:未就学児、園・学校に通う子どもを持つ親 112名
調査実施日:3月1日~31日

関連URL

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス