1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学生親子向け体験学習、9割以上が「重視する」も、コロナ禍で「機会の減少」を実感 =CHEERS調べ=

2022年9月26日

小学生親子向け体験学習、9割以上が「重視する」も、コロナ禍で「機会の減少」を実感 =CHEERS調べ=

CHEERSは、未就学児~小学6年生の子どもを持つ家庭46組を対象に実施した、「小学生親子向け体験学習に関する実態調査」の結果をまとめ、9月20日付で発表した。

それによると、「子どもにどんな学びや体験をさせたいか」と聞いたところ、探求やアートなど「正解のないところから自分なりの考えを導き出す教育=体験学習」を重視していることが分かった。

これまで重視されていた「学習偏差値向上」の学びを選んだ親子はわずか0.1%だった。

また、「子どもにリアルな体験機会は必要か」と尋ねたところ、91.3%が「とても必要」と回答。「あったらいい」という消極的な回答は8.7%だった。

だが、その反面、71.7%が「コロナ禍で体験学習の機会が減った」と回答しており、教育の理想と現実の乖離が顕著になった。

コロナ禍でも「体験学習の機会は変わらない」は17.4%、逆に「機会が増えた」も10.9%いた。

この調査は、未就学児~小学6年生の子どもを持つ首都圏中心の家庭46組を対象に、9月10日に、オンラインフォーム回答&アンケート用紙回答の形で実施した。

関連URL

CHEERS

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス