1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 音声プラットフォーム「Voicy」、「ほぼ日の學校」の音声放送を開始

2022年3月8日

音声プラットフォーム「Voicy」、「ほぼ日の學校」の音声放送を開始

Voicyは7日、「ほぼ日」と連携して、同社の音声プラットフォーム「Voicy」で「ほぼ日の學校」の放送を開始した。

「ほぼ日の學校」は、「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営する「ほぼ日」のWEBメディアで、ふだん出会えないような人たちからいろいろな話を聞いて学ぶ学校として、2021年からスマホアプリやWEBで動画を配信。

今回、その動画の一部を耳だけで楽しめるよう、「Voicy」で放送を開始した。エンターテインメントとしての学びを届ける場として、ありとあらゆる人々の話を放送していく。

初回の放送は、詩人の谷川俊太郎氏による「ことば」の授業。「成績がよくなくて、ダメなものばかりだった」という同氏が、「人間に点をつけるなんて無理なんだよね」など、「ほぼ日」読者の質問に答える形で、飾らないありのままのことばを届ける。

音声プラットフォーム「Voicy」は、編集を加えず、スマホから収録した声をそのままアーカイブする新しいフォーマット「ボイスメディア」を日本で初めてつくり、各分野の専門家や経営者、ワーキングマザーといった忙しい人の声を世の中に届けている。

現在は、ニュースが声で聴ける「メディア放送」、企業の声を伝える「オウンドメディア」なども加わる音声コンテンツの総合プラットフォームで、2021年の年間利用者数は前年比2倍の1300万人を突破。

Voicy「ほぼ日の學校」概要

チャネル名:「ほぼ日の學校」
放送スケジュール:毎日12:00と17:00に配信予定、3月28日(月)以降は毎日12:00配信予定
放送ラインナップ(敬称略):
・谷川俊太郎「ことば」の授業 #1(https://voicy.jp/channel/2698/287878)
・林真理子(作家)「林真理子が読む理由、書く理由。生きる理由。」
・三谷幸喜(脚本家)「おもしろいってなんだろうを、しつこく」
・みうらじゅん(イラストレーターなど)「みうらじゅんのベンチャービジネス論」
・清水ミチコ(作家、タレント・その他)「似せたいより、なりたい」のモノマネ論
・野中郁次郎(経営学者、一橋大名誉教授)「あらゆる場面で“知的コンバット”がおもしろいんです」
・白石和彌(映画監督)「映画って“つくる”のがおもしろい」
・矢野顕子(ミュージシャン)「“音楽のまえがき”~あらためて音楽のことを、たっぷり~」

聴取方法

関連URL

「ほぼ日の學校」

音声プラットフォーム「Voicy」

Voicy

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス