1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. CData、慶應義塾大学への「CData JDBC Driver」導入事例を公開

2022年5月19日

CData、慶應義塾大学への「CData JDBC Driver」導入事例を公開

CData Software Japanは17日、慶應義塾大学が研究・開発をしている「2040独自自尊プロジェクト」の「CData JDBC Driver for XML」の導入事例を公開した。

2040年に想定される多様な社会課題の解決に向け、分野融合的な研究開発をする「2040独立自尊プロジェクト」。ヘルスケア関連データをTableauで可視化、分析するにあたり、データ取り込み部分にCData JDBC Driver for XML を採用、開発工数の削減を実現したという。

JDBC Driver for XML は、JDBC接続をサポートするさまざまなアプリケーションからXMLデータへの接続を実現するコネクタ。標準データベースにアクセスするときと同感覚でXMLデータに接続し、標準JDBCインターフェースを通じて読み取り/書き込みを可能にする。

事例紹介

関連URL

「JDBC Driver for XML」

CData Software Japan

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス