1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ワークアカデミー、アニメ動画で構成した「簿記3級eラーニング講座」開講

2022年5月19日

ワークアカデミー、アニメ動画で構成した「簿記3級eラーニング講座」開講

ワークアカデミーは、マイナビ出版の書籍「イメージで攻略 わかる!受かる!日商簿記3級テキスト&問題集」を使用した「簿記3級eラーニング講座」を、同社の「資格サポートセンター」の新講座として、5月からスタートさせた。

同社は今回、資格サポートセンターで人気の「簿記3級講座」を一新。マイナビ出版から書籍データの提供を受け、テキストと共に学ぶ新たなカタチのeラーニング講座を開始した。

新講座は、同書に登場するキャラクターを使い、全編アニメーション動画で編成。聞き慣れない言葉でイメージが付きにくい勘定科目なども楽しくビジュアルで理解できる。

ナレーションは音声読み上げソフト「音読さん」を利用。YouTubeやSNSなどを多用して、普段何気なくスマホを利用する延長で、気負いせず勉強に取り組めるように工夫している。

レッスンごとの動画を、約5分~10分で構成。授業と授業の合間やアルバイト前、通学中などスキマ時間を利用した学習ができる。また、「学ぶこと」が各セクションの始めに明確化されており、細かく目標をクリアしていくことができる。

資格サポートセンターは、同社の資格取得に関する課外講座のフルアウトソーシングサービス。専任スタッフが大学学内に拠点を構えて常駐し、課外講座の企画・広報活動・講座運営・検定合格までをトータルでサポートする。現在、関西で19大学、関東でも3大学が利用。利用者数は毎年1万人を超える。

動画各シーンのイメージ抜粋

・「仕訳のシーン」:テキストのコンセプトである「勘定科目のキャラ化」を最大限に活かして、仕訳をビジュアル化して理解を促進
・「言葉の説明」:簿記の仕訳で出てくる言葉や場面設定の概略を、学生に分かりやすく図解で説明
・「決算整理」:簿記のキモであり、難関パートでもある決算整理事項は一覧で確認でき、どの項目を今、学習しているのかを見える化
・「取引例」:実際の問題形式と仕訳の方法を提示し、実践力が身に付く
・「まとめ」:レッスンの最後に必ず表示。レッスンで何を学習したのか、簡単に復習できる

関連URL

ワークアカデミー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス