1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 香川大学と日本マイクロソフトが「DX推進人材の育成」で連携協定を締結

2022年5月24日

香川大学と日本マイクロソフトが「DX推進人材の育成」で連携協定を締結

香川大学と日本マイクロソフトは20日、DX推進人材の育成を通じて大学改革と地域活性化に寄与するために、連携に関する協定を締結した。

日本マイクロソフト 執行役員 常務 パブリックセクター事業本部長 佐藤 亮太 氏(左)、香川大学 筧 善行 学長(右)

協定に基づき、「DX推進人材の育成」、「DX推進による大学改革」、「DX推進による地域活性化」の取り組みを行う。

「DX推進人材の育成」では、同社は、学生がMicrosoft Learn等を利用して、クラウドやセキュリティなどの最新技術を学ぶのにあたり、カリキュラム作成と実行環境構築を支援。データサイエンス教育やAI教育に必要な学習環境と学習コンテンツの提供や、学習成果に基づいたAI構築、AIを用いたシステム開発などの実務的スキル獲得の支援を行う。

「DX推進による大学改革」では、同大学の教職員や学生がMicrosoft Power Platformを利用して「業務の分析」、「環境への対応」、「業務の自動化」、「データの蓄積」の4項目を達成できるアプリケーションを内製開発できるように、カリキュラムや学習コンテンツを提供。開発したアプリケーションやシステムを、全国の大学や教育機関が共有・活用するための仕組みづくりや、同大学の取り組みをウェビナー等で発信する。

「DX推進による地域活性化」では、同大学が2022年後半の開設を予定している「Kadai DX塾」において、DXに関する社会人の学び直し(リカレント教育)や、DXで新たに生まれる業種・職種に対応したリスキリングプログラムの開発を支援し、同大学が「地域の知の拠点」の役割を担う際に必要となる、教職員・学生・自治体・地域企業などが現地もしくはバーチャルで集まる拠点やコミュニティの形成を支援するという。

関連URL

香川大学

日本マイクロソフト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス