1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. さとふる×千葉県大網白里市、考古資料の3D資料化・教材化へ寄付受付を開始

2022年5月24日

さとふる×千葉県大網白里市、考古資料の3D資料化・教材化へ寄付受付を開始

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営するさとふると千葉県大網白里市は23日、石器や土器の3D資料化など、GIGAスクール構想に対応した小学生向け教材を作成するための寄付受付を開始した。

「さとふるクラウドファンディング」は、ふるさと納税の仕組みを活用して寄付を募るクラウドファンディング型ふるさと納税サイト。寄付者はサイト上で具体的な寄付金の使途から寄付先を選択できるほか、自治体への応援メッセージの投稿や集まった寄付金額を随時確認することができる。

大網白里市では2018年にオンライン上で鑑賞できる「大網白里市デジタル博物館」を公開したが、博物館のコンテンツは大人向けに作成されているため小学生には難しいという課題があった。そのため今回、小学生向けにイラストを多く使った資料や3D資料など、親しみやすい教材の作成を目指し、寄付を募集する。小学生1人につき1台となったタブレットPCを活用した良質な教材の提供を行う。

受付期間は5月23日~8月1日。目標金額は240万円。

プロジェクトページ

関連URL

「さとふる」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス