1. トップ
  2. データ・資料
  3. 夏休みの旅行、予定がある小中学生は46%で昨年と大きく変わらず =キッズ@nifty調べ=

2022年7月19日

夏休みの旅行、予定がある小中学生は46%で昨年と大きく変わらず =キッズ@nifty調べ=

ニフティは、同社の子ども向けサイト「キッズ@nifty」が、全国の小中学生を中心とする子ども1229人を対象に実施した、「夏休みに関するアンケート調査」の結果をまとめたレポートを7月15日付で公開した。

それによると、「昨年の夏休みは、どこかへ旅行に行ったか?」の問いには、48%の子どもが「行った」と回答。中学生(40%)よりも小学生(52%)の方が旅行に行った割合が高いことが分かった。

また、「昨年の夏休みは、おじいちゃん・おばあちゃんの所に行ったか?」と尋ねたところ、6割(60%)の小中学生が「行った」と回答。こちらは、小学生(60%)より中学生(63%)の方が行った割合が若干高かった。

「今年の夏休みは、どこかへ旅行に行く予定はあるか?」では、46%が「ある」と回答。小学生は50%、中学生は40%が「ある」と回答したが、昨年とさほど変わらない結果となった。

「どこへ行く予定か」を聞いたところ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、東京ディズニーランド・東京ディズニーシー、プールと海は絶対行く、沖縄の海で遊ぶ、静岡へキャンプに行くなど、テーマパークや海、キャンプなどが挙げられた。

また、「今年の夏休みは、おじいちゃん・おばあちゃんの所に行く予定はあるか?」と尋ねたところ、6割(60%)の子どもたちが「ある」と回答したが、昨年同様、小学生(59%)より中学生(63%)の方が若干多かった。

「おじいちゃん・おばあちゃんの所で何をしたい?」との質問には、いっぱい話したい、皆でバーベキューをしたい、畑仕事を手伝いたい、おばあちゃん特製のおにぎりを食べたい、などの声が寄せられた。

「夏休みの宿題は、いつもどうしているのか?」では、小学生は「最初の方に終わらせる」31%、中学生は「計画するけど、最後にギリギリになっちゃう」35%が最多で、計画的に「毎日少しずつやる」というのは2割(全体で22%)ほどだった。その他には、「やる気になったときにやる」、「簡単な宿題は最初の方、自由研究や読書感想文はあとにやる」といった声も寄せられた。

「いつも、夏休みの宿題で自由研究はあるか?」の問いには、「ある」と回答したのは、小学生が65%だった一方で、中学生は37%だった。

「自由研究は何をしようと思っているか?」を尋ねたところ、SDGsについて、推しについて、料理・お菓子作り、自由工作、理科の授業で習ったことを深める予定、などの声が寄せられた。

この調査は、小中学生を中心とする「キッズ@nifty」訪問者を対象に、6月6日~20日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は1229人。

関連URL

調査結果の詳細

「キッズ@nifty」

ニフティ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス