1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 厚生労働省、「こころの宅配便【第2便】」は摂食障害

2022年8月10日

厚生労働省、「こころの宅配便【第2便】」は摂食障害

厚生労働省は8日、「こころの宅配便【第2便】~こころの専門家と届けるちょっとラクにすごせる言葉~」を公開した。

精神障がいを有する人やメンタルヘルス上の課題を抱えている人を含め、誰もが安心して自分らしく暮らせる社会になるよう取り組みを進めている。そして、自分のこころを大切にできるような、こころの不調があるときに安心して相談できるような、さらに、周りの人にこころの不調があるときに、自然にあたたかく接することができるような、つながりのある社会を目指している。

そのためには、こころの不調や病気について、実際にそうなったときに感じる気持ちも含めて、理解を広げていくことも大切。こうした取り組みの一環として「こころの困りごと」を抱えている人に向けた専門家からの言葉を届けている。


2便は、内科医の鈴木眞理医師からの、こころの困りごとを抱えている人に伝えたい言葉を届けた。

鈴木医師は、広報誌「厚生労働」5月号で「摂食障害」について詳しく解説している。摂食障害は主に神経性やせ症、神経性過食症、過食性障害のことを指し、10代~20代を中心として、「食べること」に関していろいろな問題があらわれる病気。

鈴木医師からの「こころの宅配便」が、必要としている人のもとに届き、誰もが安心して自分らしく暮らせる社会の実現に向けての一歩となることを願っているという。

「摂食障害」の症状や治療等については、「みんなのメンタルヘルス総合サイト」等でも分かりやすく紹介している。

Note記事

みんなのメンタルヘルス総合サイト(「摂食障害」について)

摂食障害情報ポータルサイト(一般の人)

関連URL

摂食障害全国支援センター「相談ほっとライン」

みんなのメンタルヘルス総合サイト(相談先について)

世界メンタルヘルスデーJAPAN特設サイト

厚生労働省

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス