1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 厚生労働省、世界メンタルヘルスデーに「こころの宅配便」連載開始

2022年7月11日

厚生労働省、世界メンタルヘルスデーに「こころの宅配便」連載開始

厚生労働省は7日、「こころの宅配便」を同省note上で連載すると発表した。

厚生労働省では、精神障がいを有する人やメンタルヘルス上の課題を抱えている人を含め、誰もが安心して自分らしく暮らせる社会になるよう取り組みを進めている。

自分のこころを大切にできるような、こころの不調があるときに安心して相談できるような、さらに、周りの人にこころの不調があるときに、自然にあたたかく接することができるような、つながりのある社会を目指しているという。

そのためには、こころの不調や病気について、実際にそうなったときに感じる気持ちも含めて理解を広げていくことも大切。「こころの困りごと」を抱えている人、周囲にそのような人がいる人、これから当事者としてこころの問題に向き合うかもしれない人、「こころ」の分野に興味のある人など、さまざまな人々に向けて、専門家からの言葉を届ける「こころの宅配便」を厚生労働省note上で連載する。

初回準備号では、同企画を始めるに至った背景を「約5人に1人が、何らかの精神障がいを経験している」というデータとともに掲載しているという。

「あなたがこころの不調を感じたとき、
まずは、その不調に気づいてほしい。
そして、相談や受診などの行動に移してほしい。

周囲でこころの不調を感じていそうな人がいるとき、
まずは、その不調に気づいてほしい。
そして、その人を支えてほしい。」

「誰もが安心して自分らしく暮らせる社会」作りに参画してほしいとしている。

こころの宅配便【初回準備号】

みんなのメンタルヘルス総合サイト(こころの病気を知る)

みんなのメンタルヘルス総合サイト(相談先について)

世界メンタルヘルスデーJAPAN特設サイト

関連URL

厚生労働省

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス