1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 早稲田大学、文科省「リカレント教育推進事業」の採択受けDXコースを10月開講

2022年8月15日

早稲田大学、文科省「リカレント教育推進事業」の採択受けDXコースを10月開講

早稲田大学は10日、文部科学省「DX等成長分野を中心とした就職・転職支援のためのリカレント教育推進事業」への採択を受けて、DXやデジタルビジネスの企画・立案・推進等を担うデジタルビジネスデザイナーといったDX中核人材を育成することを目的とした、スマートエスイーDXコースを10月8日に開講すると発表した。

早稲田大学を中心とし、2018年よりイノベーティブ&DX人材を育成するAI・IoT・ビッグデータ技術分野のビジネススクールとしての社会人学び直しプログラムとしてスマートエスイーを開設している。

DXコースは、DXやデジタルビジネスの企画・立案・推進等を担うデジタルビジネスデザイナーといったDX中核人材を育成することを目的としている。DXコースに先駆けて2018年から開講しているIoT/AIコースがエンジニア側からDXを推進する人材の育成であるの対し、DXコースはマネージャー側からDXを推進する人材の育成に重点を置いている。

超スマート社会の実現(Society 5.0)には、IoT・CPS・クラウドに代表されるシステム・プラットフォーム、ビッグデータ、人工知能の技術群を活用できることはもちろんのこと、ビジネス・社会ニーズに応じて必要なモノとサービスをきめ細やかに適応的かつ効率的に市場に提供できることが必要。スマートエスイーは、このようなスマートなシステム&サービスの運用を通じて、価値創造を国際的にリード可能な人材育成を目指すという。

カリキュラムは経済産業省の「DXリテラシー標準」と英国の「SFIA Framework」を参照し、DX推進のためのビジネス領域とそれに欠かせないデジタル技術を体系的かつバランスよく学べるように設計。各科目は演習を豊富に用意している。

「スマートエスイーDXコース」概要

開講期間:10月8日(土)~2023年3月4日(土)
受講方法:オンライン(Zoom)
※一部ハイブリッド型(西早稲田キャンパスでの対面式+Zoom)
定 員:30名
開講科目:10科目
受講要件:大学入学資格を有すること。ビジネスの実務経験を有すること
選 考:提出書類や面接による選考
※面接は選考の過程で必要と判断した人のみが対象
申込期間:8月5日(金)~ 9月30日(金)
受講料:49万5000円(税込)
修了要件:必修3科目(2単位相当)を含む5単位相当以上の履修
履修証明書:早稲田大学の履修証明書とオープンバッジを発行(履歴書記載可)

申込方法

関連URL

早稲田大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス