1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 早稲田大学、世界標準入試システム「The Admissions Office」を採用

2020年7月2日

早稲田大学、世界標準入試システム「The Admissions Office」を採用

サマデイは1日、早稲田大学が世界標準モデルのWeb入試コンソーシアム「The Admissions Office(通称:TAO)」を利用した志願者募集を、9月から開始すると発表した。

今年度は、国際教養学部のAO入試(国内選考・国外選考)、社会科学部のTAISI Admission(英語学位プログラムAO入試)、大学院国際コミュニケーション研究科のAO等各種入試での利用で、次年度以降、他学部の募集での利用も検討されている。

これにより、TAOの参画校は、芝浦工業大学、京都先端科学大学、総合研究大学院大学とあわせて4大学となり、今後も、他大学の参画が予定されている。

TAOでは、学生がひとつのフォームで複数の大学に出願できる。日英両言語に対応し、国内はもちろん海外からの出願受付もできる。海外大学への普及も推進し、志願者が1つのプラットフォームで国境を越えて大学に出願できるようになっている。

また、新型コロナウイルスの影響で、国際郵便が一時停止するなどの予期せぬリスクも生じているが、TAOはすべての募集書類をデジタル化でき、その備えとしても有効

また同社は、TAOの導入事例を紹介するオンラインセミナー「入試を世界標準化する大学が増えるこれだけの理由」を、7月11日に開催する。芝浦工大、早大の担当者が、導入の背景や実際の効果などを解説する。

オンラインセミナー開催概要

開催日時:7月11日(土)14:00〜16:00
対象:大学関係者、専門学校関係者

詳細・申込

関連URL

「The Admissions Office」(TAO)

早大国際教養学部入学試験要項(Japanese)

サマデイ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス