1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本マイクロソフト/「Office 365」を日本国内のデータセンターから提供開始

2014年12月17日

日本マイクロソフト/「Office 365」を日本国内のデータセンターから提供開始

日本マイクロソフトは16日、マイクロソフトの法人向けパブリッククラウドサービス「Microsoft Office 365(Office 365)」(クラウド プロダクティビティ スイート)を、日本国内のデータセンターから提供開始した。

16日から、「Office 365」を東日本と西日本のデータセンターから提供。これにより、国内にデータ保管することをパブリッククラウド利用の要件とされることが多い、官公庁・地方自治体などのユーザーは、業界規制などに沿った運用が可能になり、クラウド利用の選択肢が広がるという。

今後、「Office 365」の新規ユーザーはすべて日本データセンターからのサービス利用となる。また、すでに「Office 365」を利用中のユーザーは、日本データセンターからのサービス提供へ順次移行する。移行は2015年中に行う予定。

また、「Office 365」の主要サービスであるExchange Online、SharePoint Online、Lync Online は日本データセンターから提供され、データはすべて日本国内で保持される。

関連URL

Office 365

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス