1. トップ
  2. 学校・団体
  3. IPA、Microsoft Office の脆弱性について公表 至急対策を

2017年11月29日

IPA、Microsoft Office の脆弱性について公表 至急対策を

情報処理推進機構(IPA)は29日、情報セキュリティ「Microsoft Office の脆弱性について」を公表した。

概要は、以下の通り。
Microsoft社が提供する、Microsoft Office 数式エディタは、Microsoft Office に付属するコンポーネント。Microsoft Office 数式エディタには、スタックベースのバッファオーバーフローの脆弱性が存在する。本脆弱性が悪用された場合、遠隔の第三者によって、リモートで任意のコードが実行される可能性がある。

本脆弱性の問題は、2017年11月15日(日本時間)に公表された、Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムにより対策されているが、本脆弱性の攻撃コードの公開および攻撃コードの悪用事例が確認されたため、IPAでは、修正プログラムを適用していない利用者は、対策済みのバージョンへのアップデートを至急実施するよう求めている。

影響を受けるバージョン・対策の詳細等

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 双方向授業で授業が変わる!学生が伸びる! クリッカーシステム FLOW(フロー) CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録