1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 日本マイクロソフト/「Office 365 Education」の無料特典を簡単利用可能に

2015年2月25日

日本マイクロソフト/「Office 365 Education」の無料特典を簡単利用可能に

日本マイクロソフトは24日、教育機関向けの統合型情報共有クラウドサービス Microsoft Office 365 Education の国内ユーザー数が220万人を突破したと発表した。合わせて24日から、Office 365 Education の特典である「Student Advantage」を、学習者がより簡単に利用できる仕組み「セルフ サインアップ」の提供を開始した。

新サービスを発表する 中川哲 文教本部長

「セルフ サインアップ」より、現在28万人に止まっている利用者を、無料特典利用可能な権利を有する150万人以上まで増やしたいという。

「Student Advantage」は、包括契約(EES/OVS-ES)をもち、かつ教職員全員の Office 365 ProPlus または Office ProPlusを保有している教育機関に所属する学習者が、追加費用なく最新の Microsoft Office を利用できる特典。

従来この特典を学習者が利用するためには、教育機関のIT管理者によるユーザーアカウント作成などの作業、手続きが必要だったが、今回提供開始した「セルフ サインアップ」を利用することで、学習者は、専用ウェブサイトにアクセスして、学内メールアドレスを入力するだけで利用できるようになった。

セルフ サインアップのWebサイト

最新の Microsoft Office を自身のPC、スマートフォン、タブレットなどに追加費用なくインストール・利用可能。(1人当たり 5台の PC / Mac・ 5台のタブレット・ 5台のスマートフォンまで。個人所有の機器へのインストールも可能)

所属する教育機関が「セルフ サインアップ」の利用対象かどうかは事前に「Student Advantage 総合サイト」で確認できる。

また、国立情報学研究所の運営する学術認証フェデレーション「学認(GakuNin)」に参加し、学内のICTサービスを管理運営している教育機関のために、NIIとの連携で、「学認(GakuNin)」上からMicrosoft Officeのダウンロード提供を可能にするポータルサイトを4月20日に公開する予定。

これにより「学認(GakuNin)」に参加する教育機関は、既存のユーザー管理基盤とポータルサイトのユーザー管理基盤を連携させ、学習者に対してより簡易に 「Student Advantage」 の特典を提供することができるようになる。

関連URL

セルフ サインアップ
Student Advantage
教育機関向け ライセンス プログラム
日本マイクロソフト

 


小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス