1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ウィル・シード、学習プログラムを企画・開発・提供する新事業「エドラボ!」を始動

2022年8月16日

ウィル・シード、学習プログラムを企画・開発・提供する新事業「エドラボ!」を始動

ウィル・シードは15日、最先端のコンテンツとオリジナルコンテンツを組み合わせ、独自の学習プログラムを企画・開発・提供する新事業「エドラボ!」を本格始動した。

同事業では、子どもや大人という垣根のない「Lifelong Learning」をコンセプトに掲げ、まずは中学生以上の学校教育機関や企業向けに、社会課題に向かい合う力を養い、未来に活躍できる人材を育てる独自のプログラムの企画・開発・提供を行う。

具体的には、TOKYO GLOBAL GATEWAY(東京都英語村)、学研プラスと共に共同開発しVRを使用した海外疑似体験ができる「WiLLSeed VR Learning」や、スティーブ・ジョブズとともにアップルを設立したスティーブ・ウォズニアックが開発し、全米で3500もの教育機関で導入されているデジタル学習プログラム「WOZED」(ワズエド)。

さらに、現在の教育に必須の「グローバル×地域創生」や「ICTの活用」、「探求型の学び」を組み合わせた、ユニバーサル人材スキルが身に付くプログラム「Across the Universe」(アクロス ザ ユニバース)の3つのプログラムを軸に、プログラム開発を進めていく。

【3つの代表プログラムの概要】
①「WiLLSeed VR Learning」~VRでのグローバル体験~
対象:中学生以上、コース:25分間×1〜10回など
②「WOZED」(ワズエド)~キャリア形成に直結する探求型デジタル・リテラシー学習~
対象:中学生以上、コース:2〜3カ月(短期集中も可)
③「Across the Universe」(アクロス ザ ユニバース)~海外ビジネスから導き出した世界標準のリーダーシップ~
対象:中学生以上、コース:7週間(短期集中も可)

エドラボ!WEBティザーサイト

関連URL

ウィル・シード

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス