1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. KDDIとMUTEK Japan、デジタルアート&ミュージックの祭典を共催

2018年10月26日

KDDIとMUTEK Japan、デジタルアート&ミュージックの祭典を共催

KDDIはMUTEK Japanと共同で、デジタルアート&ミュージックの祭典「MUTEK.JP 2018」を、11月1日~4日の間、東京の日本科学未来館、渋谷WWW/WWWX、代官山UNITで開催する。

p_index_01

MUTEKは、電子音楽・デジタルアート・デジタルクリエイティビティの創造性の開発と文化芸術活動の普及を目的とした芸術フェスティバル。2000年にカナダのモントリオールでスタートした。

国内で開催3回目を迎える今年は、ジェフ・ミルズやコーネリアス、初音ミク (海外版) など、世界各国から総勢70組以上のアーティストが参加する。

今年のテーマは「BLOCK UNIVERSE」で、ブロック宇宙論の法則に従い、時空間は未来・現在・過去を同時に内包しているとの考えのもと、その場の空間でしか体験できない時間の概念を超えたデジタルクリエイティビティあふれるライブを提供する。

KDDIは、MUTEKが標榜する「最先端の技術を駆使したデジタルアート&ミュージックの普及」というコンセプトに共感し、共同事業として参画して、KDDI総合研究所が開発した自由視点VR、音のVRを応用したインスタレーション作品「Block Universe #001」を披露する。特殊メイクで再現されたモナ・リザが、スマートグラスを通じて立体的な形で目の前に登場するもので、歩くごとにさまざまに変化する音響のなか、先端技術で動くモナ・リザとつかの間の邂逅が体験できる。

同作品はKDDIとクリエイティブ集団「da Vinci ers (ダビンチャーズ)」により制作されたもので、「da Vinci ers」は、今後も先進技術を使ったアート制作・演出・展開を軸とした活動を予定している。またKDDIは、ARやVRなどのさまざまな先端テクノロジーを活用し、5G時代に向けてリアルエンターテインメントと通信を融合した新しい体験価値を創造していきたいとしている。

関連URL

MUTEK Japan

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス