1. トップ
  2. データ・資料
  3. 24年卒学生、前年比9.5pt増の53.9%が「インターンシップ・ワンデー仕事体験」に参加=マイナビ調べ=

2022年8月18日

24年卒学生、前年比9.5pt増の53.9%が「インターンシップ・ワンデー仕事体験」に参加=マイナビ調べ=

マイナビは17日、2024年3月卒業予定の全国の大学3年生と大学院1年生計4251人を対象に実施した、「2024年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(7月)」の結果をまとめ発表した。

これまでにインターンシップに参加したことがある割合の推移(累計)

それによると、これまでに「インターンシップ・ワンデー仕事体験」に参加したことがある学生は、7月末時点で前年比9.5pt増の53.9%だった。

7月単月でも前年比9.2pt増の43.3%で、24年卒学生は前年以上に積極的にインターンシップ・ワンデー仕事体験に参加していることが分かった。

インターンシップ・ワンデー仕事体験に参加して得られたと思うことは何か(上位抜粋)

インターンシップ・ワンデー仕事体験に参加して得られたと思うことを聞いたところ、「特定の企業のことをよく知ることができた」58.3%が最多で、次いで「視野を広げられた」55.8%で半数を超えた。

インターンシップ参加が「志望企業の絞り込み」と「志望対象の拡大」の両方に役立っていることが分かる。

また、自由回答では「他大学の人と交流するなかで自分を客観視することができた」や「社会人を疑似体験できた」などの意見が寄せられた。

大学の夏季休暇(8-9月)はどのように過ごしたいか。特に時間を取りたいと思っているもの(上位抜粋)

夏季休暇中にしたいことを聞いたところ、「インターンシップ・ワンデー仕事体験への参加」74.6%が最多だった。

「インターンシップ・ワンデー仕事体験への参加準備」も48.3%で、多くの学生が夏季休暇を利用してインターンシップ・ワンデー仕事体験に関する活動を予定していかった。

また、現在どのくらい就活準備ができているかを自己採点してもらったところ、「21~40点(あまりできていない)」が最も多く40.8%だった。

全体的には前年と同様の傾向だが、平均点は前年比5.4点増の36.1点で準備レベルは向上している。

就職活動に関する今後の方向性について

就活に関する今後の方向性については、「就活の方向性は検討中」が最多で62.9%(前年比1.2pt減)だった。

一方で、「就活の方向性が固まっている」は34.5%(前年比1.8pt増)で、前年よりも微増していた。就活について考えが固まってきた学生の割合が、前年に比べてわずかに高い結果となった。

この調査は、「マイナビ2024」の会員で、2024年3月卒業見込みの全国の大学3年生と大学院1年生を対象に、7月20日~31日にかけて、WEBアンケートで実施した。有効回答数は4251人(文系男子710人、理系男子754人、文系女子1874人、理系女子913人)。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス