1. トップ
  2. データ・資料
  3. 23年卒学生、27.7%が6月時点で「インターンシップ・ワンデー仕事体験」に参加 =マイナビ調べ=

2021年7月19日

23年卒学生、27.7%が6月時点で「インターンシップ・ワンデー仕事体験」に参加 =マイナビ調べ=

マイナビは、2023年3月卒業予定の全国の大学3年生・大学院1年生合計8692人を対象に実施した、「インターンシップ・就職活動準備実態調査(6月)」の結果をまとめ、16日に発表した。

それによると、23年卒業予定の大学生・大学院生に、インターンシップ・ワンデー仕事体験の参加意欲を聞いたところ、94.0%が「参加したい」と回答。(「絶対に参加したい」55.9%+「できれば参加したい」38.1%の合計)。参加希望社数は、前年比1.5社減の平均6.6社だった。

2022年卒学生は、新型コロナの影響でサマーインターンシップが中止になるケースも多く、就職活動に焦りがあったことから、少しでも多くのインターンシップに参加を希望する傾向があった。

一方で、2023年卒は、オンラインで開催する環境が整備されたこともあり、企業やプログラムを吟味して参加する学生が多く、前年に比べて希望社数が減少したと推察される。

また、これまでに「インターンシップ・ワンデー仕事体験の経験がある」と回答した割合は、前年比6.7pt増の27.7%だった。

6月に参加した学生のうち、WEB開催のプログラムに参加した割合は74.9%で、1日開催のワンデー仕事体験に参加した割合は53.6%だった。

オンラインインターンシップやワンデー仕事体験をうまく活用しながら、早い時期から学生が積極的に活動している様子がうかがえる。

インターンシップ・ワンデー仕事体験の応募時にどのような不安を感じるか聞いたところ、「スケジュールの調整ができるかどうか」という回答が57.9%で最多だった。

また、「日時や参加フローなど、詳細情報が不明瞭」も44.2%と多く、新型コロナの見通しが不明瞭で、企業がなかなか詳細を出すことができず、学生の不安につながっているようだ。

「プログラム内容についていけるかどうか」を不安に感じる割合は49.2%で、自身がインターンシップで力を発揮できるかどうかを不安に思っていることが分かる。

この調査は、2023年3月卒業見込みの全国の大学3年生、大学院1年生で、「マイナビ2023」の会員を対象に、6月19日~6月30日にかけて、WEBアンケートで実施。有効回答数は8692人(文系男子1511人、理系男子1201人、文系女子4438人、理系女子1542人)。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • GIGAスクール端末のお困りごとを解決!!! 24時間365日受付 何かあれば電話一本で! Warranty technology
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス