1. トップ
  2. データ・資料
  3. Web形式のインターンシップを希望する学生が対面形式を初めて上回る=マイナビ調べ=

2021年2月19日

Web形式のインターンシップを希望する学生が対面形式を初めて上回る=マイナビ調べ=

マイナビは17日、2022年3月卒業予定の全国の大学3年生、大学院1年生(3199人)を対象に実施した、「マイナビ 2022年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(1月)」の結果を発表した。


インターンシップ・ワンデー仕事体験に応募したことがある学生は93.7%(前月比2.5pt増)で、参加したことがある学生は84.9%(前月比3.8pt増)。今年度は新型コロナウイルスや緊急事態宣言の影響があったものの、前年2月時点の参加率(85.3%)(※)と同水準に。1月の平均応募社数は3.8社、平均参加社数は2.5社で、いずれも前月と同じ数値となったという。

インターンシップの開催形式について聞いたところ、Webを希望する学生は合計で39.0%(「絶対にWebがいい(9.9%)」+「どちらかというとWebがいい(29.1%)」の合計)。一方、対面を希望する学生は37.2%(「絶対に対面がいい(8.5%)」+「どちらかというと対面がいい(28.7%)」の合計)で、同項目の調査を始めた2020年9月以降、初めてWeb形式が対面形式を上回ったという。1月から11都府県で緊急事態宣言が発令され、外出を控える学生が多かったことや、企業側・学生側ともにWeb形式のインターンシップをうまく活用できるようになり、Web形式の充実感が増していることが理由だという。

1月に行った活動について聞いたところ、「企業研究をした」という回答が64.4%で「インターンシップエントリーをした」(61.4%)を上回った。夏の早い段階から活動を始めている学生は、エントリーする企業を絞り込むために企業や業界、職種を研究する段階に入ったという。

この調査は、1月20日~1月31日にかけて、2022年3月卒業見込みの全国の大学生、大学院生を対象に、マイナビ2022の会員に対するWebアンケートで実施。有効回答数は3199人(文系男子510人、理系男子475人、文系女子1511人、理系女子703人)。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
プログラミングを教えたい大人向け講習会 | ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • デジタル採点で働き方改革 | 採点ナビ 無料お試し
  • 学習評価(アセスメント)特集ページ 公正な学習評価を実践するためのヒント集
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス