1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22年卒のインターンシップ参加率は前年比5.1pt減の79.8%=マイナビ調べ=

2020年11月18日

22年卒のインターンシップ参加率は前年比5.1pt減の79.8%=マイナビ調べ=

マイナビは17日、2022年3月卒業予定の全国の大学3年生・大学院1年生(のべ6001人)を対象に実施した、「マイナビ 2022年卒大学生インターシップ・就職活動準備実態調査(これまでの活動の振り返り/10月の状況)」の結果をまとめ発表した。


それによると、10月時点でインターンシップに参加したことのある学生の割合は、2017年卒以降上昇を続けてきたが、2022年卒においては5.1pt減少し79.8%となった。

一方、平均参加社数は4.5社と前年よりも1.3社増加。積極的にインターンシップに参加している学生とそうでない学生で活動状況が2極化していると推察される。

これまでのインターンシップ参加状況の振り返りのため、4月~9月の期間に限定してインターンシップの参加状況を聞いたところ、「インターンシップに参加した」は65.9%と前年より13.7pt減少した。

一方で、「応募したが参加できなかった」は15.6%で前年より6.4pt増加、「応募しなかった」は18.5%で前年より7.3pt増加している。

「応募したが参加できなかった」理由を聞いたところ、前年と同様に「選考に落ちた」が最も高く72.7%だったが、今回の調査から追加した「中止または延期になった」の回答が28.1%と次いで多かった。

参加意思はあったものの、コロナ禍という特殊な環境下で参加できなかった学生もいることが明らかとなった。

インターンシップに参加する目的を文理別で比較したところ、最も高い項目は「どの業界を志望するか明確にするため」で、文理とも共通していた。

一方で、文系学生は幅広い選択肢から志望企業を見つけることを示す項目(「視野を広げるため」「自分が何をやりたいのかを見つけるため」「自分の力を試すため」)が高い傾向。

これに対し、理系学生は特定の企業のことや自分の専攻と仕事の合致度を確かめることを示す項目(「特定の企業のことをよく知るため」「自分の専攻が社会で役に立つか知るため」)が高い傾向にあった。

「参加したことのある」インターンシップの形式の月別推移をみると、いずれの月も「WEB」が7割を超えていた。

大学が夏季休暇に入りインターンシップ活動が盛んになる8月~9月は、「対面」での実施がやや増加傾向となったが、10月で再び減少に転じた。

この調査は、「マイナビ2022」の会員で2022年3月卒業見込みの全国の大学生、大学院生を対象に、10月15日~31日にかけて、WEBアンケートの形で実施。

有効回答数は延べ6001人。内訳は、「これまでの活動の振り返り調査」が文系男子556人、理系男子1443人、文系女子535人、理系女子657人。「2020年10月の状況調査」が文系男子471人、理系男子1251人、文系女子482人、理系女子606人。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務用PC 二要素認証ログイン 導入事例 秀明英光高等学校 かんたん操作で情報漏洩を防ぐ 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス